LangJournal活用ガイド:効果的な語学学習のためのステップバイステップ

本日はLangJournalの効率的な使い方についてご紹介します。

What is LangJournal?

LangJournalは、ライティングに特化した語学学習アプリです。日記を通じて英語やフランス語などの言語を学習できます。

それでは、早速LangJournalの効率的な使い方についてご紹介しましょう。

テーマの決め方

日記のおすすめのテーマは、「今日したこと」「今日抱いた感情」「明日すること」などです。目標は「英語が話せるようになること」です。日常会話でよく使われることを思い出してください。普段の会話で一番多いことを書けばいいのです。それはまさに日記で書くようなことではないでしょうか?

毎日同じような日々で、書くテーマがないと感じたら、「今日見た映画の概要」「仲の良い友達」など、身近なものや人について書いてみましょう。

まずは日本語で書く

初心者の場合は、まず日本語で日記を書いてみることをおすすめします。いきなり英語で書き始めると、既に知っているボキャブラリーでしか文章が作れず、語彙が増えません。慣れてきたら、最初から英語で書いてもいいでしょう。私の場合は、最初の1ヶ月は日本語で書いてから英語に書き直していました。

英語で書く

日本語で書いた内容を英語に書き換えてみましょう。実際に書いてみると、「全然書けない!」と感じることでしょう。例えば、「高校時代の友達と2年ぶりに会った」と書きたい時、「2年ぶりに会う」の英訳がわからない場合があるかもしれません。

そんな時は、インターネットで検索しましょう。文法・単語をしっかり理解した上で、英語の文章を書いてみてください。例え文法が間違っていても、LangJournalを使っていればAIがチェックしてくれます。しかし、AIが直してくれるからと言って、適当に書くのはおすすめしません。「自分でしっかり調べる」ことが大切です。

添削を見て、清書する

AIのフィードバックを読んで、それをもとに清書しましょう。AIは3つあります。興味があれば、1つだけでなく複数のAIでチェックしてみてください。

音読する(Additional)

日記を書くだけでも十分力が付きますが、さらに力を伸ばしたい人は音読もしてみてください。書いた文章を5回読み上げてみましょう。なぜなら、「目標は話すこと」ですから。

音読する時は、正しい発音で読むことが必要です。LangJournalには音声を聞く機能も付いています。まずはしっかりと音声を聞き、その後で音読しましょう。

録音する(Additional)

自分の声を聞くことも大切です。LangJournalには音声録音機能もあります。自分の発音を聞いて、気になるところは重点的に練習しましょう。

もちろん、いきなりきれいな発音で読むことはできませんが、それでも5回音読し、1回は自分の声を聞くことを強くおすすめします。自分の声はLangJournal内に保存できます。3ヶ月後に自分の声を振り返ってみて、「この時の発音は良くなかった」と感じられれば、成長している証です。

SNSで宣言

「英語を話せるようになる!」と周りに宣言し、日々の成果をSNSで報告することで、自分に良いプレッシャーをかけることができます。また、LangJournalの開発の励みにもなります。ぜひ #LangJournal を付けてシェアしてください。

最後に

英語の勉強は本当に大変ですが、これを毎日続けると必ず力になります。本気で英語をマスターしたいなら、毎日続けましょう。忙しい社会人なら、最低週に2日など自分でルールを決めて続けてみてください。「できる時にやる!」では、続かないことが多いです。

iOS用アプリのダウンロードはこちらから
Android用アプリのダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です