プログラマーに英語は必要?初学者は英語とプログラミングどっちを優先するべき?

私は英語学習者であり、本業はフリーランスのプログラマーです。そのため、よく「プログラマーに英語は必要か?」と聞かれます。

結論から言うと、英語は必要です。英語を学ぶことは非常に有益です。

理由1:ドキュメントは全て英語でできている

プログラミングのドキュメントはほぼ全て英語で書かれています。主要なプログラミング言語は主にアメリカで開発されています。私が主に使用しているReact Nativeの公式ドキュメントも全て英語です。日本語のドキュメントはありません。また、参考書の数も圧倒的に多いです。

「Google翻訳で十分ではないか?」という意見もありますが、Google翻訳は正確でない場合があり、細部まで理解するのが難しいです。細部が分からないとコードは書けません。そのため、私はまずGoogle翻訳で概要を把握し、その後英語で読み直します。私の英語力はそれほど高くありませんが、「英語を読む速度が速ければなぁ」といつも思っています。そのため、日々英語の勉強をしています。

理由2:質問サイトでのやりとりは英語で行われる

プログラマーは英語のリーディングだけでなく、ライティングする必要もあります。例えば、Apple StoreやGoogle Playに問い合わせる時、やりとりは英語で行われます。また、質問サイトでの投稿も英語で行うと、回答率が高くなります。

英語アレルギーがあると、こうした場面で不利になります。偏見かもしれませんが、優秀なプログラマーはほとんどが英語ができます。完璧に話せるというよりは、英語アレルギーがないのです。

英語とプログラミング、どちらを優先して勉強するべき?

この質問もよく聞かれます。上述した内容とは矛盾するかもしれませんが、「プログラミングを優先すべきです」。特に初学者の場合は、プログラミングに全ての時間を割くべきです。少なくとも中級プログラマーになるまでは、英語の学習は必要ありません。

理由は、プログラミングの勉強は大変なため、英語学習に時間を割けないからです。また、プログラミング初学者が勉強する際は日本語の資料で十分です。仕事でも上司に日本語で質問できるので、英語は必要ありません。

英語が必要になるのは次のステップです。”社内で教える立場になったり、個人開発で大きなアプリを作り始める人”などは、英語の学習を始めることをおすすめします。海外でエンジニアとして働く選択肢も出てきます。

理由3:海外で働くことが可能になる

海外で働きたいと思うプログラマーは多いでしょう。給料が高い、働きながら英語の勉強ができる、他文化を学べるなど、メリットは多いです。私は海外で働いた経験はありませんが、働くことを考えたことはあります。

私は29歳の時にカナダへ語学留学に行き、英語の勉強を始めました。就職活動をしましたが、結果は全滅でした。面接での英語のコミュニケーションが難しかったのです。海外でプログラマーとして働きたい場合、日常生活で問題ないレベルまで英語力を上げる必要があります。

まとめ

  • プログラミング初学者は英語の学習は不要です。プログラミングの勉強に全ての時間を割くべきです。
  • 中級者以上にとっては、英語力が大きなアドバンテージになります。
  • 海外転職は、英語が話せないと難しいです。
  • 高みを目指すなら、英語の学習をしましょう。

最後に、プログラマーであり英語学習者の私が開発した語学学習アプリを紹介します。英語で文章を書き、AIにチェックしてもらうことができるアプリです。興味のある方はぜひチェックしてください。

iOSアプリをダウンロード
Androidアプリをダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です