日記をCEFRレベルで分析:LangJournalで自分の語学力を知る

LangJournalのユニークな機能の一つに、日記をCEFRレベルで分析する機能があります。この記事では、この機能がどのように機能し、語学学習にどのように役立つかを解説します。

CEFRレベル分析の仕組み

LangJournalは、ユーザーが書いた日記を詳細に分析します。単語選択、文法の正確さ、動詞の形態など、3つの観点から日記を評価し、CEFR基準に基づいてA1(初級)からC2(上級)までの6段階でレベルを判定します。

言語能力の客観的評価

この機能により、ユーザーは自分の語学力を客観的に評価することが可能になります。特に、自分がどのレベルにいるのか、どの分野で改善が必要かを把握するのに役立ちます。

学習の方向性を明確に

CEFRレベル分析は、言語学習の進捗を追跡し、どの分野に集中すべきかを明確にするのに有効です。例えば、文法の弱点や、語彙の拡充が必要な領域を特定できます。

まとめ

LangJournalのCEFRレベル分析機能は、ユーザーが自分の語学力を理解し、効果的な学習計画を立てるのに役立つツールです。自分の書いた日記を使って、言語能力を定期的にチェックし、学習の進捗を可視化しましょう。

iOS用アプリのダウンロードはこちらから
Android用アプリのダウンロードはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です